夜空と陸とのすきま

SF好き SF小説1000本ノックを目指しています

読書【小説SF】

中国・SF・革命/ケン・リュウ他

中国・SF・革命 作者:ケン・リュウ,柞刈湯葉,郝景芳,王谷晶,閻連科,佐藤究,上田岳弘,樋口恭介,イーユン・リー,ジェニー・ザン,藤井太洋,立原透耶 河出書房新社 Amazon 売れに売れた『文藝』の中国SF特集を単行本化。中国SFといっても、作家陣は華僑や中華系…

三体Ⅲ 死神永生 上・下/劉慈欣

三体Ⅲ 死神永生 上 作者:劉 慈欣 早川書房 Amazon 三体Ⅲ 死神永生 下 作者:劉 慈欣 早川書房 Amazon 待ち遠しかった三体完結編。毎日読み終えた感想がTwitterで続々とあがり、みんな待ってくれと焦りながら読みました。 三体Ⅱで物語の軸だった「面壁計画」の…

HELLO WORLD/野崎まど

HELLO WORLD (集英社文庫) 作者:野崎まど 発売日: 2019/08/02 メディア: Kindle版 これぞラノベというのを久しぶりに読む。ボーイズミーツガールを軸に世界がめまぐるしく変わっていき、最後まで疾走する。映画の方はまだ未見です。 本好きで内気な男子高校…

宇宙からの帰還 望郷者たち/夏見正隆

宇宙からの帰還 望郷者たち (ハルキ文庫 な) 作者:夏見正隆 発売日: 2020/01/15 メディア: 文庫 私の本棚で SFの文庫といえば早川書房と東京創元社が一番多くて、河出書房新社、竹書房以外の出版社ではSF本を出しているのかなと、本屋さんで普段はあまりチェ…

火星無期懲役/S・J・モーデン

火星無期懲役 (ハヤカワ文庫SF) 作者:SJ モーデン 発売日: 2019/04/03 メディア: 文庫 終身刑で服役中の主人公に与えられた選択肢は、このまま堀の中で一生を過ごすか火星基地建設に参加するか。火星に送られた7人の囚人達は、赤い砂漠にモジュールを組み立…

アメリカン・ブッダ/柴田勝家

アメリカン・ブッダ (ハヤカワ文庫JA) 作者:柴田 勝家 発売日: 2020/08/20 メディア: Kindle版 娘を駅まで迎えに行ったら電車が遅延していて、そんな日に限ってバッグに本が入ってなくて、駅前のTSUTAYAに駆け込んだら、海外文学の棚は寂しいし、けどハヤカ…

人之彼岸/郝 景芳

人之彼岸【ひとのひがん】 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 作者:郝 景芳 発売日: 2021/01/21 メディア: Kindle版 郝 景芳(ハオ・ジンファン)による人工知能(AI)をテーマにした短編集。 初めにAIについて推察するエッセイ、そこで説明してきたことを軸に生ま…

航路/コニー・ウィリス

航路(上) 作者:コニー・ウィリス 発売日: 2013/09/25 メディア: Kindle版 航路(下) 作者:コニー・ウィリス 発売日: 2013/09/25 メディア: Kindle版 図書館で今はなきソニー・マガジンズの単行本を借りる。単行本はハヤカワから出ていたわけじゃなかった…

宇宙の春/ケン・リュウ

宇宙の春 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 作者:ケン リュウ 発売日: 2021/03/17 メディア: Kindle版 新☆ハヤカワ・SF・シリーズでは4冊目のケン・リュウ短編集。昨今、対立が生じている出来事や社会問題を、ニュートラルな立ち位置でエンタメを含んだSFに仕立…

時間衝突/バリントン・J・ベイリー

時間衝突【新版】 (創元SF文庫) 作者:バリントン・J・ベイリー 発売日: 2016/09/25 メディア: 文庫 支配側タイタン軍団と従属側異常亜種人達に分かれている地球に、2世紀後の未来からキツネザル型エイリアン軍が突っ込んでくるみたいなんだけど、この時間シ…

日本SFの臨界点[怪奇篇]ちまみれ家族/伴名 練 編

日本SFの臨界点[怪奇篇] ちまみれ家族 (ハヤカワ文庫JA) 発売日: 2020/07/16 メディア: Kindle版 [恋愛篇]と同時に発売された[怪奇篇]は11篇の短篇を収録。怖いよりも、世にも奇妙なウルトラQ的な、とってもクセのあるホラーSFばかりでした。ザクザク殺…

嘘と正典/小川 哲

嘘と正典 作者:小川 哲 発売日: 2019/09/19 メディア: Kindle版 日本SF大賞受賞『ゲームの王国』の小川哲氏短篇集。父と子の関係と時間SFの融合が多かった。小川氏の書く小説の色味の少ない冷めた視線、でも重量感があるとこ好きです。 ■魔術師お父ちゃん不…

日本SFの臨界点[恋愛編]死んだ恋人からの手紙/伴名 練 編

日本SFの臨界点[恋愛篇] 死んだ恋人からの手紙 (ハヤカワ文庫JA) 発売日: 2020/07/16 メディア: Kindle版 恋愛要素を含めた短篇集未収録作品を中心に編成した9篇のアンソロジー。編者伴名氏のSF愛に満ちた独特の視点が面白いし、それぞれの短編の前に作…

ベストSF2020/大森望 編

べストSF2020 (竹書房文庫) 発売日: 2020/07/30 メディア: 文庫 東京創元SF文庫から毎年出ていた「年刊日本SF傑作選」が大人の事情で終了したらしく、この度リニューアルして竹書房文庫にお引っ越し。創元版と同じく各短編のはじめに編者による作品解説と著…

イルミナエ・ファイル/エイミー・カウフマン&ジェイ・クリストフ

イルミナエ・ファイル 作者:エイミー・カウフマン,ジェイ・クリストフ 発売日: 2017/09/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) ページ数600、お値段4730円!高いし分厚いでも読みたい、どこかの図書館にないのか〜と検索したら県立図書館にあったので、わざわ…

2010年代海外SF傑作選

2010年代海外SF傑作選 (ハヤカワ文庫SF) 作者:ピーター トライアス,郝 景芳,アナリー ニューイッツ,ピーター ワッツ,サム・J ミラー,チャールズ ユウ,ケン リュウ,陳 楸帆,チャイナ ミエヴィル,カリン ティドベック,テッド チャン 発売日: 2020/12/17 メディ…

サハリン島/エドゥアルド・ヴェルキン

サハリン島 作者:エドゥアルド・ヴェルキン 発売日: 2020/12/22 メディア: 単行本 北朝鮮の核ミサイルで第三次世界大戦が勃発、先進国の中で唯一無事だった日本は大日本帝国となり再び鎖国する。舞台は日本の領土となり中韓からの難民が押し寄せるサハリン島…

2000年代海外SF傑作選

2000年代海外SF傑作選 (ハヤカワ文庫SF) 作者:エレン クレイジャズ,ハンヌ ライアニエミ,ダリル グレゴリイ,劉 慈欣,コリイ ドクトロウ,チャールズ ストロス,N・K ジェミシン,グレッグ イーガン,アレステア レナルズ 発売日: 2020/11/19 メディア: 文庫 昨年…

わたしたちが光の速さで進めないなら/キム・チョヨプ

わたしたちが光の速さで進めないなら 作者:キム チョヨプ 発売日: 2020/12/03 メディア: Kindle版 韓国の若手作家が贈る、エモすぎるSF短編7編。 ガジェットや宇宙工学はがっちりSFしている舞台で、やさしさと切なさにつつまれた物語たち。どんなに先端科学…

内なる宇宙/ジェイムズ・P・ホーガン

内なる宇宙〈上〉 (創元SF文庫) 作者:ジェイムズ・P・ホーガン 発売日: 1997/08/29 メディア: 文庫 内なる宇宙〈下〉 (創元SF文庫) 作者:ジェイムズ・P. ホーガン 発売日: 1997/08/29 メディア: 文庫 新年明けましておめでとうございますってもう松の内明け…

黒魚都市/サム・J・ミラー

地球温暖化で海面上昇、長引く内戦で国家崩壊した近未来、北極圏の洋上都市クアナークが舞台。高度なAIに統治され、株主と不動産業の富裕層と押し寄せる難民との格差。混沌としたこのハイテク未来都市にシャチとホッキョクグマを率いたオルカマンサーがやっ…

巨人たちの星/ジェイムズ・P・ホーガン

前二作からのチャーリーの謎、月の謎、ガニメアン達の謎を解き明かしながら、ガニメアンと共闘してジェヴレン人との戦いを描くジャイアンツ・スター第3部。 スパイ、ミステリー要素、そしてスパコン同士のバトルあり、特殊部隊突入あり、まさかのタイムスリ…

ガニメデの優しい巨人/ジェイムズ・P・ホーガン

『星を継ぐもの』の続編、木星の衛星ガニメデのガニメアン達との心温まる交流を描き、人類誕生とガニメアンとの関わりも明らかにというお話。 ハント博士達は、20年間(地球時間で二千五百万年)の長旅をしてきたガニメアンを労り、ガニメデ基地に安息の場を提…

星を継ぐもの/ジェイムズ・P・ホーガン

月面開発を進めていたら、約5万年以上前と推測される赤い宇宙服を着た死体が発見された…というところから始まる名作謎解きハードSF。今さらですが100刷おめでとうございます!私の積ん読本だったのは35版。 人類の英知、学者や科学者が総力をあげてこの死体…

落下世界/ウィル・マッキントッシュ

フォーラーが目覚めると記憶は全くなく、世界は虚空に浮かぶばらばらの小島に分裂。自分は何者なのか?この世界は何なのか?手がかりの地図を片手にパラシュートを使って、次の世界に飛び出すという物語。 食べ物を求めて荒廃した世界をサバイバルするフォー…

巨星/ピーター・ワッツ傑作選/ピーター・ワッツ

ハードSF作家ピーター・ワッツの傑作11編。軍用機AIの視点、物体Xの視点、様々なものから知性/意識を描く。 何かの短編集でピーター・ワッツ作品が入っていたかもしれないけれど、長編は未読なので私にとってほぼお初の作家さん。最初のと、後半の3部作はな…

うどん キツネつきの/高山羽根子

『首里の馬』芥川賞受賞おめでとうございます!ということで、買ってはいたものの積ん読になってた短編集『うどん キツネつきの』を読みました。表題作の「うどん〜」は『NOVA』にも載っていた気がする。 高山氏はネタを思いついたらメモに書いて、大きな紙…

vN/マデリン・アシュビー

vN=フォン・ノイマン式自己複製ヒューマノイドのエイミー(5歳)は、幼稚園の卒園式で突如現れた「おばあちゃん」に襲撃される。とっさに母親を助けようと、祖母に噛みつき吸収したエイミーは大人の体になってしまった。美少女ヒューマノイドのさすらい物語…

夏への扉/ロバート・A・ハインライン

ロボット開発者ダニイが、婚約者と友人にだまされて仕事も財産も奪われ、30年間の冷凍睡眠に追い込まれる。窮地に立たされたダニイの大逆転劇というお話。 最後の大どんでん返し、夢も希望も持てる『夏への扉』というタイトル、猫のピートかわいい!で高校生…

流れよわが涙、と警官は言った/フィリップ・K・ディック

誰もが知るセレブ芸能人のジェイスン・タヴァナー。ある朝目覚めると誰も自分のことを覚えていなく、IDも消滅していた。”存在しない男”となったタヴァナーは警察に追われる身となるという話。 逃亡先で次々と助けてくれる女性達と呑気に話しまくるタヴァナー…