夜空と陸とのすきま

SF好き SF小説1000本ノックを目指しています

日本SFの臨界点[恋愛編]死んだ恋人からの手紙/伴名 練 編

 

 恋愛要素を含めた短篇集未収録作品を中心に編成した9篇のアンソロジー。編者伴名氏のSF愛に満ちた独特の視点が面白いし、それぞれの短編の前に作品と作家紹介が細かい字で3ページもあって、SFマガジンに掲載されたけど単行本文庫未収録って多いんだなと。そこまで細かく調べ上げてくる伴名氏のオタクぶりに恐れおののく。こんなに隠れた名作があるなら、ネット上でアーカイブ&有料閲覧できるといいですね。

 

■死んだ恋人からの手紙/中井紀夫
星間戦争の兵士が故郷の恋人に送る時系列がバラバラの手紙。俺、帰ったら結婚するんだ…って、死亡フラグが立ってる立ってる!

 

■奇跡の石/藤田雅矢
東欧の小国で超能力者達が住む村に調査に訪れた主人公が出会ったのはというお話。なんとなく坂口 尚や藤原カムイが描く漫画(となると元はメビウスか?)の雰囲気を感じました。日本のSF小説っていつも脳内で漫画かアニメになってしまう。必ず少女が出てくるからかな。

 

■劇画・セカイ系大樹連司
売れないライトノベル作家のお話。これは仕掛けが面白かったけど、最後に主人公が選択した道があまりにも現実的過ぎてせつない。セカイ系+売れる商業・売れない芸術。

 

G線上のアリア高野史緒
16世紀ヨーロッパが舞台なんだけど改変歴史モノ。GってそっちのGかいっ!と、中世にもしもデジタルが発達していたらの妄想が楽しい。

 

■人生、信号街ち/小田雅久仁

信号待ちをしていた男女2人が空間に閉じ込められてというお話。ワンダーなSFが編者の伴名氏の作風で好みなんですね。ひ孫まで順調に生まれる人生うらやましい。

 

■ムーンシャイン/円城 塔
円城さんのはったり数学SFだ〜!全然わかんないし、「恒河沙」って字を久しぶりに見た。ゼロ何個の桁数でしたっけ?脳内でアラン・チューリングが自転車漕いで去っていきました。

 

■月を買った御婦人/新城カズマ
19世紀メキシコの竹取物語人海戦術で0と1に分かれて演算するって、劉慈欣『円』に出てくる面白いアイデアだと思っていたのに、それよりも前からあったとは衝撃。

 

1984年に生まれて/郝景芳

1984年に生まれて

1984年に生まれて

 

 『折りたたみ北京』郝景芳の長編。1984年と言えばオーウェルですが(まだ積ん読です…)SF仕立てではないけれど、不思議な仕掛けが含まれた作品でした。

郝景芳短篇集に収録されていた『山奥の療養院』の、大学で学んだ後に自分を見失いかける物語を彷彿させる、郝景芳が悩んできた”いばらの道”を描いている気がしました。

前半はこの物語の主人公、軽雲の父が体験する文化革命から自由経済へ、激動の中国の30年間のパートと、海外に飛び出して自由になりたいけど、その一歩を踏み出せない軽雲のパートをいったりきたり。それから意気投合する男性が登場するも自己崩壊してしまう軽雲。とても苦しい場面が多かったのですが、湖のシーンはびっくりしたなぁ。

They are watching you.【カレラハ オマエヲ ミテイル】
この『1984年』の有名な言葉。カレラとは中国共産党なのか、人民なのか、母親なのか、自己なのか、それとも…。色んな意味を含んでいるのがこの作品のすごいところ。

yanhao.hatenablog.com

 

ミャンマーの柳生一族/高野秀行

 

 ミャンマーでまたまた軍事クーデターが起きているので、そういえば以前買ってたことを思い出して本棚からひっぱりだしてきました。表紙の題字は糸見渓南氏。ググってみたたら「必殺仕事人」の題字を書かれた書道家さん。最高の表紙ですね!

高野さんは「アヘン王国潜入記」でミャンマーのワ州に長期滞在されていましたが、今回は先輩の作家舟戸与一氏の付き添いカバン持ち取材旅行。この2004年当時は軍事政権が実権を握り、外国からのジャーナリストの取材には軍の情報部がついてがっちり監視。この情報部の人たちを、江戸幕府を裏で支えた柳生一族に例えて解説。JKだった頃に隆慶一郎の柳生モノを読みまくっていて良かった。宗矩、十兵衛、列堂!懐かしい(という言い方も変だけど)

先の大戦中、アウン・サン将軍は日本軍から面田紋次と日本名を与えられ、ネ・ウィン将軍が高杉晋って名前だったと初めて知りました。ビルマ独立に日本は関わっているんだから、知っておくべき歴史なんだよなぁ。

ミャンマーで大ヒットした武田鉄矢主演映画には爆笑。読書好きで社交性が高いミャンマーの人々に親近感が湧きました。今起きているクーデターの行方が気になります。

 

銀河の果ての落とし穴/エトガル・ケレット

 

銀河の果ての落とし穴

銀河の果ての落とし穴

 

タイトルと素敵な表紙の装画から勝手にSFだと思い込んで手に取りましたが全然違った。この不条理な世界をユーモアで笑う、イスラエルの文筆&映像作家のケレットの超短篇集。なかなかシュールで乾いた笑いを誘い、どうしようもなさが胸に沁みました。エミール・クストリッツァ監督の世界観に似ている。

 

■前の前の回におれが大砲からブッ放されたとき

サーカス団の清掃員が急遽代役で人間大砲になる話。アレな嗜好の目覚める瞬間?

 

■窓

記憶喪失になった男がリハビリするために住む部屋は、窓のない暗いワンルームだったという話。壁に写しだされる映像が…。無感情なアンドロイドとのやり取りも怖い話でした。

 

■GooDeed

善行を施す機会を探すアプリの話。Facebookマーク・ザッカーバーグが出てきた。富める者も貧しい者も出会いに恵まれて幸せだ。

 

■ブリザードン

トランプ大統領が三期目に入った近未来。戦場に配置されたポケモンGOならぬピトモンGOのレアをゲットしたいがために、オーバー14部隊に志願した少年兵の話。この無邪気な幼さで世界中の戦場を駆け巡るシュール。

 

ユーモアとは耐えがたい現実とつきあう手段なのです。抗議する手段でもあり、ときには人間の尊厳を守る手段でもあります。やりたくないことをやらなければいけないとき、ユーモアをもつことは「ほら、まだおれは人間だぜ」と言っているのと同じなのです。

ベストSF2020/大森望 編

 

べストSF2020 (竹書房文庫)

べストSF2020 (竹書房文庫)

  • 発売日: 2020/07/30
  • メディア: 文庫
 

 東京創元SF文庫から毎年出ていた「年刊日本SF傑作選」が大人の事情で終了したらしく、この度リニューアルして竹書房文庫にお引っ越し。創元版と同じく各短編のはじめに編者による作品解説と著者の紹介、おわりに著者の”あとがき”が追加されているのが嬉しい。そして後記についてる「2019年日本SF概状」もすごい情報量。これ全部追っかけて読んでいくのは大変だ。

 

■歌束/円城 塔
円城氏のはったり振りはすごい(『文字渦』の単行本を入手したけどまだ積ん読中で、いつのまにか文庫化してた)歌にお湯を注いで漉してとか、歌を上手く淹れるなんてことをいけしゃあしゃあと書いてる、なぜか「そっかー」と納得してしまう。

 

年金生活岸本佐知子
翻訳家の岸本氏と柴田氏が訳した海外文学にはずれなし!と思っていますが、その岸本氏がSF短編を書くなんてびっくり。こんな<ねんきん>だといいなぁ。<戸棚の奥>にピリッと怖さを仕込むところとか、さすがです。

 

■平林君と魚の裔/オキシタケヒコ
大阪弁でしゃべる星間行商人女子と愉快な仲間の話。シリーズの第2弾らしいけど前作を未読でも大丈夫な内容。水中生物の進化した人類と異星人のカテゴリー分けが楽しかったです。

 

■トビンメの木陰/草上 仁
寄生生物のハリガネムシがカマキリを操っているような話なんだけど、それが銀河征服の覇王の物語になっているところが面白いなぁ。

 

■あざらしが丘/高山羽根子
ざらしの名を持つご当地アイドルがライブで捕鯨する話。「キル・ビル」のゴーゴー夕張みたいに強いアイドル…。

 

ミサイルマン/片瀬二郎
最終兵器外国人労働者。テンポよく読めたんだけど笑っていいのか謎の罪悪感が残る。

 

■色のない緑/陸 秋槎
AIによって生み出されるブラックボックスの話。いずれ訪れるであろう使う人間側がAIに使われる日。自動翻訳が普及すれば通訳や翻訳家はいらなくなるのかなどのテーマも興味津々なところをついてくるし、才女達のやりとりもそんなに百合っぽくない。<色のない緑>の小道具の扱い方に痺れた。