夜空と陸とのすきま

SF好き SF小説1000本ノックを目指しています

星を継ぐもの/ジェイムズ・P・ホーガン

星を継ぐもの (創元SF文庫)

月面開発を進めていたら、約5万年以上前と推測される赤い宇宙服を着た死体が発見された…というところから始まる名作謎解きハードSF。今さらですが100刷おめでとうございます!私の積ん読本だったのは35版。

人類の英知、学者や科学者が総力をあげてこの死体の正体を探るため、仮説をたてて事実へと導くところをドキュメンタリー風に話が進む。はたして人類はどこからきたのかが『サピエンス全史』なら、SFだったら自由にこう考察するねという感じ。40年前の小説なので、今だとトンデモオカルトに分類されそうだけど、スケールが大きくてロマンがあるなぁという感想でした。

高度な文明を築くも滅んでいった生命体。チャーリーの残した手帳からルナリアンの文字を、食糧庫の魚からミネルヴァの星を探っていく過程がとても面白かった。

ナショナリズムが衰退し軍備放棄された地球の国々、各国の学者が協力していてみんなやさしい。続編タイトルも『ガニメデの優しい巨人』とやさしい。そんなところが心温まる。

 

落下世界/ウィル・マッキントッシュ

落下世界 上 (創元SF文庫)

落下世界 下 (創元SF文庫)

フォーラーが目覚めると記憶は全くなく、世界は虚空に浮かぶばらばらの小島に分裂。自分は何者なのか?この世界は何なのか?手がかりの地図を片手にパラシュートを使って、次の世界に飛び出すという物語。

食べ物を求めて荒廃した世界をサバイバルするフォーラーの物語と、世界大戦と殺人ウィルスが猛威をふるう科学者ピーターの世界が同時進行。どちらの世界も殺伐としていて辛い。やがて2つの世界は繋がるのですが、とにかく力業でひっぱっていってまとめたった!というエンターテイメントSFでした。

残り少ない食料や缶詰を奪い合い、こんな死に方はしたくないという殺人ばかりで、ちょっと前に読んだスティーブン・キングの『ザ・スタンド』みたいだなと思っていたら、下巻解説によると著者はキングの大ファンで強く影響を受けたらしい。おう当たった!ということでとてもキングっぽいSFです。

下巻の感想を書くとネタバレになっちゃうんだけど、登場人物の複製がわらわら出てきて、複製だけの世界とか統制にキャラの性格が出ていたりして、その辺が面白かったです。メインの登場人物が良心と悪を持っていて、かなり複雑な人物像を描ききっていました。「記憶喪失で○○を止める」という設定をメインに持ってきたところがすごい。

 

 

 

巨星 ピーター・ワッツ傑作選/ピーター・ワッツ

巨星 ピーター・ワッツ傑作選 (創元SF文庫)

ハードSF作家ピーター・ワッツの傑作11編。軍用機AIの視点、物体Xの視点、様々なものから知性/意識を描く。

何かの短編集でピーター・ワッツ作品が入っていたかもしれないけれど、長編は未読なので私にとってほぼお初の作家さん。最初のと、後半の3部作はなんとか理解が追いついて楽しめました。中盤のは…寝落ちしまくり…。それぞれの短編に編集からのあらすじと解説がついていたけど、これがなかったら半分も理解できなかったと思う。とにかく修飾語が多くて、すぐにあらすじを見失う。

■天使
戦争ドローンAIで天使と受胎告知がモチーフ。稚拙な私はすぐにエヴァを思い出し、脳内イメージが”破壊し尽くす使徒”になってしまいます。

遊星からの物体Xの回想
かの有名なSF映画のオマージュ。ちゃんと理解しようと『遊星からの』DVDを借りたつもりが、元祖の『遊星よりの』をレンタルしてきちゃった。南極じゃなくてアラスカ、物体Xは植物型生物。次は『遊星からの』を借ります。
物体X側の視点に立つと、彼は迫害された宣教師のよう。この短編が一番面白かった。

■ホットショット、巨星、島
10億年に渡るワームホール構築船の宇宙の船旅の話3部作。編集で時系列に収録してくれたのでわかりやすい。時間が途方も無い長さなので、想像力が追いつかない。船のAIはチンプ(チンパンジー)と名付けられ蔑称されていて、人間以上の知性を持たせない理由などが面白かった。

 

TENET

f:id:yanhao:20201022134529j:plain

ウクライナのオペラハウスでテロ事件が発生。館内に突入した特殊部隊の一人”名もなき男”はテロ組織に捕らえられてしまい、毒薬で自害を図る。しかし、毒薬は別の物にすり替えられていて、こん睡状態から目覚めた男は、ある人物からミッションを命じられる。それは謎のキーワード『TENET(テネット)』を使い、第3次世界大戦を防ぐという任務だった。というお話。

先月からこのつたないブログに書いたフィリップ・K・ディックの『逆まわりの世界』感想記事へのアクセスが伸びていて、どうやらテネットの影響らしい。映画館に行ってみると『鬼滅の刃』が絶讃大フィーバー中、8シアターの映画館で4シアターが鬼滅という、テネットはレイトショーのみ。あぶねー、もう少しで上映終了間近なのかな。

ネット上のコメントでは難解と見聞きしていたけど、普段からいつもSF小説に親しんでいるので、脳内で時間軸を描きつつ大まかには理解できかなり楽しめました。やっぱり巨大なスクリーンで観て良かった。
J・D・ワシントンの身体能力が素晴らしい!さすが元プロアメフト選手。すぐ筋トレするし。

最初の方で「頭で理解しないで」「感じるのよ」「直感」とのセリフがあるし、ココ伏線!ってシーンはアップで写るし、ノーラン監督けっこう優しい。

逆行がメインになる後半は超興奮!まるでディックの世界の悪夢のよう。監督の信念からCGを使っていないそうなので、爆発シーンやカーチェイスも隅々まで見応えいっぱい。最後のスタルクス12の戦闘、確かにノーラン監督頭おかしい(笑)
キャットは自身の自由と息子の為に奮闘しますが、”名もなき男”とニールはどんなテネット(信念)があったのかな。最後で神がどうのこうの言い合っていたけど、展開が忙しくてセリフに集中出来なかった。あと”名もなき男”は殺しを拒否していたけど、最後は人殺しをしちゃう、その違いとか。そこんところをもう一度意識しながらDVDが出たら見直したいと思います。

 

yanhao.hatenablog.com

 

うどん キツネつきの/高山羽根子

うどん キツネつきの (創元SF文庫)

首里の馬』芥川賞受賞おめでとうございます!ということで、買ってはいたものの積ん読になってた短編集『うどん キツネつきの』を読みました。表題作の「うどん〜」は『NOVA』にも載っていた気がする。

高山氏はネタを思いついたらメモに書いて、大きな紙にメモを貼っていって作品に仕上げていくとどこかのインタビューで答えていらして、小ネタにクスクスと笑えて、とても浮遊感があって、でも最後の方で思わぬ方向に飛んでいってしまう短編ばかりでした。読解出来なかったお話も何編かあり、いつか読み返してみたらその時その時で気が付くこともあるのかな。

この短編集の中では断然『シキ零レイ零 ミドリ荘』が好き。あの始まり方

「おっちゃん今までだまっとったけど実はな、ダイガクイン出て宇宙ヒコーシやってたんや。」

からの

「飛んだなあ」
キイ坊が溜息混じりに声をあげた。ミドリも頷き、
「あの、すかいらーくの看板と同じくらい上がってたよ」

までの2頁で笑いが止まらなくなり、ぐっと引き込まれました。ミドリ荘という古いアパートの住人達の話ですが、世界観が『じゃりン子チエ』みたいだった。