夜空と陸とのすきま

SF好き SF小説1000本ノックを目指しています

アメリカン・ブッダ/柴田勝家

アメリカン・ブッダ (ハヤカワ文庫JA)

アメリカン・ブッダ (ハヤカワ文庫JA)

 

娘を駅まで迎えに行ったら電車が遅延していて、そんな日に限ってバッグに本が入ってなくて、駅前のTSUTAYAに駆け込んだら、海外文学の棚は寂しいし、けどハヤカワ文庫JAならあるじゃない!とこの本をジャケ買いしました。

民俗学+SFの融合、海外文学のような実写のような硬派な描写、だけどユニークで、こんなSFの書き手が日本にもいたんだと驚きました。他の作品も読みたい。

日本SF作家クラブ会長の池澤春菜さんによる解説も最高に面白い。なんて素敵な先輩!

 

雲南省スー族におけるVR技術の使用例

山間部の少数民族が生まれてすぐにヘッドセットをつけさせられて、仮想のVR空間で人生を過ごす話。人が認識する世界の心許なさよ。狐に化かされたようなあやふやなオチがいい。

 

■鏡石異譚

岩手国際リニアコライダー(ILC)!猊鼻渓!とわりかし近場が舞台なので嬉しかった。ホントにILC計画が進むといいな。民俗学量子論と少女の成長をミックスしたユニークなお話。

 

■邪義の壁

古い実家の壁の奥から白骨が出てきたから始まるホラー。うちの家の壁の中も、なんかありそうだなぁ。柴田勝家氏、ホントに東京出身?東北生まれじゃないの?

 

■一八九七年:龍動幕の内

『ヒト夜の永い夢』の前日譚だそうで、そちらは未読だけど、南方熊楠が英国留学中に、とある事件を解決する話。熊楠といえば少年ジャンプの打ち切り漫画『てんぎゃん』のロンドン編読みたかったなと思い出しました。

 

■検疫官

思想に影響を及ぼす物語を国内に入れないよう空港で検疫する男の話。『華氏451』のような、ミイラ取りがミイラになる。

 

アメリカン・ブッダ

大災害と暴動から逃れ、仮想空間"Mアメリカ"で無限の住人となったアメリカ人に、ネイティブインディアンの青年が仏教の救済を語る話。めちゃくちゃ面白い。また時間を置いて読み返したい。

人之彼岸/郝 景芳

郝 景芳(ハオ・ジンファン)による人工知能(AI)をテーマにした短編集。

初めにAIについて推察するエッセイ、そこで説明してきたことを軸に生まれた物語達。AIを受け入れて、共に歩んでいく未来が見えるような気がしました。

 

■スーパー人工知能まであとどのくらい

人工知能についてのエッセイ。ものすごくわかりやすかったし、AIの進化に怯えるな、私たちの精神世界は素晴らしいから自信を持てと励まされた感じ。

 

人工知能の時代にいかに学ぶか

このエッセイ、子育ての始まりに読みたかったなあ。いまからでも遅くないかしら。人間性、創造性を大事に育んで、文科省の人に読んでもらいたい。これからのビジョンを持てる。

 

■あなたはどこに

AIには人の衝動的行動と負の感情が理解できないという特徴を含んだ、カップルすれ違いのお話。

 

■不死医院

病院で亡くなったはずの母が、和かに笑って家にいるホラーっぽい展開のお話。家族のすれ違い、人間性とは何かを問う。

 

■愛の問題

これも家族のすれ違いを描く作品。「不死医院」同様にAIが間に入ると素直に和解していく家族。ミステリーな謎解き風も面白い。

 

■人間の島

全知全能の神として、AIに全てを託してしまってそれで幸せかい?というお話。AIには創造性がないんですね。

 

■乾坤と亜力

『2010年代海外SF傑作選』にも掲載されていたのですが、AIのエッセイを読んだ後だと、AIの特徴をこんな感じに物語にするのかと感心しました。3歳半の亜力君が可愛いのです。

ノマド 漂流する高齢労働者たち/ジェシカ・ブルーダー

ノマド 漂流する高齢労働者たち
 

アメリカで車上生活をしながら季節労働をして、各地を渡り歩く高齢者のルポルタージュ 。先日米アカデミー賞を受賞した『ノマドランド』原作ということで手にとってみました。(映画は未見)

2014年〜16年の3年間に渡る車上生活者リンダ(60代のおばあちゃん)の同行取材を軸に、2011年から様々な媒体への投稿記事をまとめたもの。なので時系列で書かれているわけではないため、あっちこっち話が飛びます。取材対象のノマドの人たちをもっと知りたいと、著者自らが中古車を入手し車上生活を体験、隠しカメラやボイスレコーダーを持ってビーツ収穫やAmazon倉庫に潜入取材していて、なかなか体を張っているのがすごい。

リーマンショックにより、老後の蓄えや仕事を失い家賃が払えなくなった老人たちが漂流者に。取材当時はオバマ政権下だったので、その後のトランプの頃はどうだったんだろう、コロナ禍の今はどうなったんだろうと心配になりました。バイデンさんに変わってから、最低賃金2倍、富裕層への増税と格差肯正へ舵を切りだしているので、またノマドも変化していくのでしょうか。格差肯正へ日本も続いて欲しい。っていうかすぐやれ。

この本を読んで、ブラック企業Amazonのすさまじさに震撼。頑張れ労働組合!このブログもアマゾン商品としぶしぶリンクしていますが、ただ本の表紙画像を載せたいだけなので、紙の本をお求めならどうかeーhon経由で買って地元の本屋さんを応援してください。

あとノマドは高齢の白人ばかりで、黒人は職務質問で警察官に殺されちゃうからノマドすらなれないっていうのが、もう…。Black Lives Matter!

草原の国キルギスで勇者になった男/春間豪太郎

草原の国キルギスで勇者になった男

草原の国キルギスで勇者になった男

 

キルギスを動物と旅する冒険記。

海外の旅をリアルRPGと例えて、語学から衛生管理、気象予報士、プログラミングにキックボクシングとスキルを取得し、色々な動物を連れて旅するニュータイプの冒険家さん。

自称が勇者、立ち寄る村をセーブポイントというのはちょっとモヤるけれど、ゲームで育った世代らしい表現。

著者の歌舞伎町のキャッチ経験で鍛えたという、善人悪人を見抜く直感力と交渉力が素晴らしい。あのポジティブさも若く体力があるからこそですね(素直に羨ましい)。

キルギスの人々は優しく親切にもてなしてくれて、イスラムの懐の深さよ。キルギスはいい国だなあと思いながら読み進めていたけれど、最後に著者が遭遇した誘拐婚!いくら文化だからって最悪でありえない。スマホを保持してチャットアプリを使いこなす現代人が、なんでまだ町で誘拐→強制結婚→拒否したら村八分なんだろう。結婚を嫌がる花嫁に、読んでいて同情し胸が締め付けられました。

航路/コニー・ウィリス

航路(上)

航路(上)

 
航路(下)

航路(下)

 

図書館で今はなきソニー・マガジンズの単行本を借りる。単行本はハヤカワから出ていたわけじゃなかったんですね。分厚い上下巻で1ページが2段組仕様と、かなりのボリュームでしたが3日かけて一気読みしてしまいました。

臨死体験の原因と働きを科学的に解明するために、認知心理学者のジョアンナと神経内科医のリチャードが奮闘する物語。

舞台は病院で、ウィリス十八番の喋りたがりキャラがわちゃわちゃ出てきて、いつものように主人公達が翻弄されつつ、「タイタニック」を手がかりに臨死体験の謎解き。SFというより医療サスペンス。会話の端々に細かい伏線が張られていて、第3部からの巻き戻しが見事。最後は泣くまではいかなかったけど、エモーショナルでした。彼岸の彼方、三途の河はタイタニックなのか。

主人公ジョアンナと看護師のヴィエルが百合っぽいくらい仲良しで、毎週木曜日にディッシュ・ナイトと称して、レンタルビデオをだらだらと見る会を開くのがとても羨ましい。こんなマブダチの関係いいなぁ。また映画の批評が辛口で、ウィリスは映画やドラマに対して容赦無いですね。

メタファーとは、なんらかの意味で似通ったふたつのものを遠回しに、あるいは直接的にたとえることだ。死は旅であり、航海であり、通過(パッセージ)だ。