本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

know/野崎まど

know (ハヤカワ文庫JA)

極度に発達した情報化社会の対策として、子供の頃から脳に〈電子葉〉の移植が義務化された2081年が舞台。情報格差の果ては、レベル0〜6に仕分けられ、低いレベルの人はアクセス制限がかかり、高レベルの人から丸見えにされるという怖さ。ありそうありそう。<電子葉>の設定、とても面白かった。

そして京都とSFというありそうでなかった組合せも、新鮮でした。

読み終わった後はオチが正直よくわからなかったけれど、表紙絵をじっくりみると、蓮の花、曼荼羅、涅槃っぽいデザイン。すなわち輪廻転生。ああ答えはここに描かれていたんだなぁと気がつきました。赤い糸は情報網かな。最後に14歳少女と性交渉!主人公は鬼畜かよと思いましたが、ヒロインの知ルはきっと新たな生命を宿して死んだのでしょう。脳は死んでも、体は最新医療の力で生きているし。

自分の死を考えると、今までの経験や知識は無になるというのが怖くもあり、もったいなくもあり、なので死を恐れてしまうのですが、SFにある死後は「ネットの海に自分を持っていく(「攻殻機動隊」)」だったのが、今回は新たな生命に知識を移行する=生まれ変わりときて、昔からある王道なのに妙に新しく感じられました。電子脳と義体で不老不死になるよりいいな。