読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

タイタンのゲーム・プレーヤー/フィリップ・K・ディック

読書【小説SF】

f:id:yanhao:20170122231250j:plain

ヴァグと呼ばれるタイタン星生物との戦いに敗れ、ヴァグに支配された地球人類。戦争により人口が激減し、さらに化学兵器の影響で極端に出生率が低下。一部の特権階級の人のみヴァグが持ち込んだ<ゲーム>で自分たちの土地を賭けたプレイに興じている…というSF。

<ゲーム>とはモノポリー+ポーカーみたいな双六。「オレのカリフォルニア州バークレーが奪われた!」と初っぱなでゲームの敗者となった主人公が、ゲームのリベンジ戦に持ち込んだら、突如ゲーム相手が誰かに殺されていた、そしてゲーム仲間の記憶がないとか急にミステリー仕立てに。とにかくコロコロ話が変わっていくので、まるで終着点が予想できません。というのも、当時浪費家の妻と幼い娘がいて、家計が火の車状態だったディックが、生活のために二束三文で書き殴った小説だからだそうで。そらしょうがないわな。

でも練りにねった大作や秀作もいいけれど、この「こっから先どーすんだ」小説も、ディックの場合はなんだかんだ云って力業で、最終的にはつじつまを合わせてくるので面白かったりする。あと惜しみなくつっこんでくるガジェットも楽しい。

今回は、ラシュモア効果という、人工知能で操作してくれておしゃべりする車とエレベーターが好きでした。

f:id:yanhao:20170201095743j:plain