本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

東大オタク学講座/岡田斗司夫

東大オタク学講座 (講談社文庫 お 103-1)

 

古本屋で購入。

96年〜97年にかけて東大で行ったオタク文化論の傑作選。20年近くも前なんだけど、現在の未来予想図がだいたい当たっていて、そこは興味深いところです。
前半は、オタクの定義やアニメ・漫画の技術的なところについて。オカルト概論が一番楽しかった。

半分くらい読んだところで、例の愛人騒動が起こってしまい、なんとなく読む気が失せる。やたらとネットで話題になる日々に、岡田さん痩せていたのね〜と表紙を見てしみじみと思う。悩みのるつぼの顔写真は変えた方がいいんじゃなかろうか。

後半の「闇のオタク編」でのゲスト登場が濃い!村上隆村崎百郎(ドン引きした)、兵藤二十八、小林よしのり…えらい顔揃え。どの方も素直な発言が多くて面白かったです。意外と皆さん冷静かつ客観的に自分の立ち位置をわかっているものなんですなー。