読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

利休にたずねよ/山本兼一

利休にたずねよ (PHP文芸文庫)

伯母に文庫本を借りる。

千利休の研ぎ澄まされた感性
艶やかで気迫に満ちた人生を生み出したものとは何だったのか。

物語は利休切腹の日から始まり
10代の若き日までさかのぼっていく手法で
ミステリーとは思わなかったけど、なかなか楽しめました。

今年の12月に映画公開。

侘びさびの茶室や茶道具、北野大茶会など、ぜひとも映像で観たかったし
この映画はビジュアルが凝っていそうです。

主演は市川海老蔵
予告編を見る限り、しぐさや振る舞いがとても絵になっているのに
この人のブログはどうしてこうも文章が軽いんだろう。同一人物とは思えない。
原作の10代のやんちゃな与四郎(利休)ならイメージぴったりです。

そして、脚本がトンデモ大河の「天地人小松江里子なんだけど
また時代劇なんてやって大丈夫なのか…。すっごい不安。