本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女

 

図書館でハードカバーを借りる。

京都の街をさまよい歩き、変人奇人の騒動に巻き込まれる
天然不思議ちゃん乙女と、
彼女に一目惚れし追いかける大学生の春夏秋冬の物語。

本文にやたらでてくる内田百閒のような文学の語り口や文体が

京都という摩訶不思議な街とイメージがあっていて、
とても楽しく読めた。一番好きなのは最初の春の夜の先斗町徘徊。
あー自分も学生時代徘徊したねー夜の街を、と
甘酸っぱい(どちらかというと酸っぱすぎる)思い出がよみがえりました。

まあしかしよくここまで変人奇人が出てくるもんだ。
たまに出てくるネタ台詞
恐ろしい子!」(ガラスの仮面
「焼き払え!」(ナウシカ)が笑えた。もはや鉄板ですね。

舞台や映画、漫画化されたらいいのにと思ったらもうなっていた。
でも舞台も漫画もアマゾンの評価は散々。
この小説で脳内映像化が十分できるので、実際に見せられると
イメージと違う!となりやすいのかな。

もっと森見登美彦と内田百閒を読みたくなりました。