夜空と陸とのすきま

ゆるいSF脳。SF小説1000本ノックを目指しています

帰ってきたヒトラー/Er ist wieder da

帰ってきたヒトラー [DVD]

あのヒトラー総統が1945年の自殺後、2014年のドイツにタイムスリップしてくるお話。テレビ局社員のゼンゼンブリンクは、未来に来てしまって混乱しているヒトラーと偶然出会い、本物そっくりさんだと思い込み、コメディアンとして一発当てようと企む。

ゼンゼンブリンクの部屋に、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のポスターが貼ってあってほほえましい。そういえば、ヒトラーがタイムスリップしてきた時に、火がくすぶる状態もあの映画へのオマージュに間違いない。

戦後70年たったドイツを旅するゼンゼンブリンクとヒトラー。行く先々でインタビューすると、町の人は現状の政治や格差、移民問題にいらだっていたりする。ここで「自虐史観にはうんざり」と言い出すドイツ人もいるんだなと、ちょっとショック。

この旅するヒトラーを見ているうちにだんだん好感をもってきてしまう、ホントにうまい撮り方。チャーミングなところもあるんだなとか、頭の回転がよい演説に聞き惚れてしまったり。

そしてラスト近く、認知症のおばあちゃんが急にはっきりとして「あんたのことは忘れない、私の家族をガス室に送ったんだ。最初はみんな笑っていた。でももう二度とだまされない。」と言い放つ台詞で、ヒトラーの怖さを思い出しても全てが手遅れっていうオチは、いやはや怖かった。自分もまさにチョロい民衆の一人でした。