夜空と陸とのすきま

ゆるいSF脳。SF小説1000本ノックを目指しています

銀河の壺なおし/フィリップ・K・ディック

銀河の壺なおし〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

サンリオ文庫というほぼ入手不可能で幻の文庫本だったのが、新訳でハヤカワ文庫から登場、待ってました!映画「ブレードランナー2049」ディック祭りのおかげです。同じくサンリオ文庫の「シュミラクラ」も入手を諦めていたけど新訳版を出してくれました、ありがとう早川!

さてさて、「銀河の壺なおし」新訳は大森望氏でめっぽう読みやすい、というか軽い。絶頂期に何故そんな…というくらいの変な小説ですよね、これは。

主人公ジョー・ファーンライトは父の代からの陶器の壺修復職人。でも宇宙を駆ける時代に壺なおしの仕事などなく、開店休業状態。暇つぶしに<ゲーム>ばかりして鬱になってきて、もう死んじゃおっかなーと思っていたところに、ある惑星の海底に眠る古代遺跡の引き上げ、壺修復の仕事が舞い込むという話。

宇宙時代に壺というと、ファーストガンダムマ・クベの壺しか思いつかない。きっと未来でも需要はあるよね。というか、売ってるんだガンダムショップで(^^; しかもノリタケなんだ。

 

 

ディック作品の鉄板らしい、気が強い元嫁と若い彼女も変わらず登場。あと、様々な種類のエイリアン達、超能力者きたきた。そして、古代遺跡引き上げの依頼者は、怪獣?で、突如始まる怪獣対決。これはまたどこに不時着するんだろう、と先が全く読めず、最後の一行にギャフンでした。水野晴郎を彷彿させる残念さに震えます。訳者大森氏によるあとがき解説も詳しく楽しかったです。

「ウィリス」と呼びかけないと、言うことを聞いてくれないツンデレSiriみたいなロボットのウィルス君が面白かった。