夜空と陸とのすきま

ゆるいSF脳。SF小説1000本ノックを目指しています

サトコとナダ/ユペチカ

サトコとナダ(1) (星海社コミックス)

アメリカの大学に通う日本人留学生のサトコがルームシェアをすることになった相手は、サウジアラビア人留学生のナダ。異文化同士の生活と友情を描く4コマ漫画。

Twitterで日々更新されている連載がリツイートで流れてきていて、TSUTAYAコミックレンタルで借りて読み、いやこの本は買いだわと本屋に走りました。最初は無料で見れたとしても、良い本は手元に置きたいのよ。あと、娘達が爆笑して読んでいたので。お陰様でイスラム圏に対する偏見がなくなったんじゃないかな、マンガって偉大です。

サトコとナダが一緒に住むことで、お互いの異文化を尊重しあい良いところが影響しあっていくのがいいなあと思う。まさにダイバーシティ、理想の世界です。イスラム圏とアメリカ文化のうんちくだけに固執せず、女の子同士の友情が育まれていく物語としてしっかり描かれているのが好感を持てます。

それにしてもメッカの方向や礼拝時間を教えてくれるスマホアプリ、会ったことがない親同士が決めた婚約者の情報をSNSでチェック、メッセンジャースタンプ返すとか、宗教と近代化のギャップが面白いな−。