夜空と陸とのすきま

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。SF大好きです。

幻獣ムベンベを追え/高野秀行

幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)

仕事で疲れ果てて、ヨボヨボと蒲団に潜り込み、文庫本をひらいて高野さんにアフリカのコンゴへ連れて行ってもらう秋の夜長。最高でした!

さて、サブキャンプへ向けて出発である。空は晴れ渡り、綿をちぎってばらまいたようなふかふかした雲が青の中に浮かんでいる。日本では見たことのない形状のため、われわれはこれに“コンゴ雲”という安直な名前をつけている。いかにも手触りがよさそうで、しかもすぐそばにあるような感じがするので、手を伸ばしたくなったりするくらいだ。

コンゴ雲をあれこれ想像して楽しむ、これまた読書の幸せ。

さてさて、本の紹介をすると、いるのかいないのか誰もわからない伝説のUMA「モケーレ・ムベンベ」を探しに、高野秀行率いる早稲田大学探検部11人が、コンゴ奥地のテレ湖へ行くという壮絶なサバイバル78日間の記録です。果たしてネッシーに似ているという、怪獣ムベンベは見つかるのか?

密林の奥地のテレ湖へ向かうため、異国の地での交渉も大変そうでしたが、念願のテレ湖にキャンプを張った後はムベンベの姿を探して、さほど特徴のない湖をぼっーと眺め続けて24時間監視(めっちゃシンドそう)、赤道直下で不衛生な環境下、次々とマラリアに倒れてゆくメンバー。相次ぐ機械トラブルに食糧難。猿、ゴリラ、カワウソとなんでも食べちゃうチーム早稲田。ゴリラを解体、食する描写はかなり衝撃的で、ほぼ人食。

命がけの探検こそ、かなり高度なスキルを必要とするんだなぁと改めて感じました。そしてムベンベを幻獣と記すタイトルが逸品。

そういえば子どもの頃、「水曜スペシャル川口探検隊」を夢中で見てたっけ。今も「クレージージャーニー」がたまらん好きな自分。まるで成長なし。なので高野さんの体験談はどんぴしゃです。次はトルコに連れて行ってもらうんだあ。