夜空と陸とのすきま

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。SF大好きです。

去年を待ちながら/フィリップ・K・ディック

去年を待ちながら (創元推理文庫)

ハヤカワ文庫から新訳版が出たばかりですが、読んだのは創元SF文庫の方です。

2055年、リリスター星と同盟を結んだ地球は、リーグ星(昆虫タイプのエイリアン)との星間戦争に巻き込まれ、泥沼の戦争中(スターシップ・トゥルーパーズ的な?)。この苦境から地球を救い出そうとする国連事務総長モリナーリの専属人工臓器移植医であるエリックが主人公。

このエリックもモリナーリもネガティヴで自殺願望が強く、始終死にたい言いながらも臓器移植を繰り返してやたら長寿。エリックの妻キャサリンは、夫との不仲から禁断のドラッグJJ180を服用し中毒になり、解毒薬がないとわかると、エリックを騙して服用させ、共に地獄へ落ちましょう、けけけっwwいう展開に。

さらにエリックがJJ180を服用すると、タイムスリップするのであります。きたきた歪んだディックワールド!私の仕事はただいま繁忙期でして、疲れ果てた脳にビシビシ響きました。

さらに私小説要素が強く、このキャサリンのモデルは、明らかにディックの3番目の妻(浪費家)アンらしく、エリック=ディックと読むと、その振り回されっぷりに涙がでてきます。最終的にキャサリンとその道を選択するのか、やりきれねー、もう絶望しかないんだけど、こうして人生は続くのね。

人生はさまざまな様相の現実から成っていて、それを変えることはできないからです。妻を捨てるということは、こうした現実に耐えられないって言っているのと同じなんです。自分だけもっと楽な特別の条件がなければ生きて行けないって言うのと等しいことなんです。