本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

スローターハウス5/カート・ヴォネガット・ジュニア

スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302)

けいれん的時間旅行者であるビリー・ピルグリムは、自らコントロールはできなない時間の中に解き放たれ、自分の生涯の未来と過去とを従来する。歩兵としてヨーロッパ戦線におもむき、ドイツ軍の捕虜となりドレスデンの無差別攻撃を体験したWW2、アメリカに帰国して大富豪の娘と幸福な結婚生活、そしてトラルフォマドール星人に誘拐され、動物園で見世物にされたり…というお話。

私の祖父が死ぬ間際に、太平洋戦争で出兵し中国奥地で毎日上官に殴られていた記憶に苦しんでいたことや、祖母も末期は痴呆症になり、蝶よ花よと可愛がられた女生徒時代に戻っていたことを思い出しました。ということは、けいれん的な時間旅行は、誰もが体験することなのかも。

「子どもは3歳までに一生分の親孝行をする」というのも、理解できる。私はこれからもずっと、幼い娘との甘い蜜月を何度も何度も思い出し、いつでも幸せな気持ちを味わえるから。

 

人生の半ばを過ぎるころ、トラルフォマドール星人がビリーに助言することになる。幸福な瞬間だけに心を集中し、不幸な瞬間は無視するように—美しいものだけを見つめて過ごすように、永劫は決して過ぎ去りはしないのだから、と。

 とはいえ、ビリーが巻き込まれるドイツのドレスデン空爆は、目を覆う酷さでした。So it goes.(そういうものだ)と、ただ受け止めて流すしかない無常観。ヴォガネット自身の反自伝的物語ということですが、凄まじい体験です。人間が同じ人間に対して、ここまで残酷になれてしまう戦争は、本当に嫌だ。

先日、1972年制作の映画もNHKBSにて放送されました、録画しておいたので近々見たい!