本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

ブレードランナー/Blade Runner

ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)

ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作とした名作映画。

これまた久しぶりにレンタルで借りて見返しました。学生の頃に見た時は途中で寝ちゃったのです。テンポが悪いわけでもないのに何でだろう。

今ではWikipediaで調べたらうんちくがいっぱい、そして町山さんの名著「ブレードランナーの未来世紀」(超オススメ!)も合わせて読むと、より深く理解できます。ということは学生の頃は何一つ解説なしで見たので、チンプンカンプンだったんだと思う。ラストの折り紙がユニコーンだったなんてわかんねぇよ。 

解説を読んでから見るとまったく印象が違いました。ハリソン・フォードは実に嫌々やってるのがよくわかる。彼が何の為にレプリカントを狩っているのか、わからないので(まあ仕事だからなんだろうけど)感情移入しづらい。対してレプリカント達や博士、セバスチャンなどの脇役は、とても魅力満載で良かったです。アパートの建物もかっこいい!

この作品が、その後のクリエイターに与えた影響は計り知れず。「サイレントメビウス」なんてもろですね。そういえば、最近の近未来物は酸性雨降ってないねぇ。

 さて予習は済んだし、10月公開の「ブレードランナー2049」が楽しみです。