読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

惑星カレスの魔女/ジェイムズ・H・シュミッツ

読書【小説SF】

惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)

 

商船の船長パウサートは、偶然出会った惑星カレスの魔女である幼い三姉妹を奴隷の身分から助けだし、無事にカレスに送り届けるが、銀河帝国とカレスの騒動に巻き込まれ…というスペースオペラ。おひとよし船長と三姉妹の次女ゴスの息の合ったコンビも楽しい。

私が中学生の頃に、母が表紙が宮崎駿というだけでジャケ買いしてきた記憶があります。母から面白かったよとオススメされて手にしてみたけれど、まだ難しくて(多分、漢字が)断念。

先日、久しぶりに古本屋で見かけて懐かしくなり買ってしまいました。その頃の母と同い年になった私、今なら読める、読めるぞ!

当時の新潮文庫版から創元SF文庫で新装版されても、カバーイラストは同じ絵。タイトル文字のドロップシャドウにDTPの進化を感じたり。

予知能力、テレポーテーション、サイコキネシスをそれぞれ持つ三姉妹。魔女というよりエスパーなんじゃね?と最初は思っていたけど、宇宙エネルギーの「クラサ」、そのクラサ・エネルギーが実体化して悪ふざけをしてくる神もどきの「ヴァッチ」、星の精霊「惑星霊」、そしてゴスが使うワープの「シーウォッシュ・ドライブ」などなど、次々と独特の用語が出てきて、SFなんだけどとってもファンタジー。展開も速いし、変な皇帝に老人工作員と女スパイと海賊とキャラクターも魅力的で、魔法で銀河な世界に引き込まれて、あっという間に読み終えました。

確かに面白かったよママン。と表紙絵を撮って母にLINEで送ったら、「何それナウシカ?」と返された。忘れてしまったのかよママン。