本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

俺たちのBL論/サンキュータツオ・春日太一

俺たちのBL論

 

時代劇研究家の春日太一さんが、芸人サンキュータツオさん語るBL論に導かれ、おそるおそるBL世界の扉を開き、ひらめき!納得!から自己分析にまで至り、チャクラが覚醒して解脱し、最終的にはタツオ氏を超えていくという驚異の対談集。中々ここまで明け透けに裸をさらけだす本もめずらしいというか、春日さん…(知りたくなかったかも)。いやでも手に汗握る展開で面白かったです。

年末年始にTBSラジオ「たまむすび」で春日さんが、「映画「兵隊やくざ」の勝新と有田上等兵はBLなんですよ!BL!」と、めっちゃ熱く語られていたので、何があったんだ春日さんと思っていたら、こういう対談の経緯があったのですね。

古今東西の名作にはBL要素が組み込まれているという説も納得です。つい先日読んだ「オン・ザ・ロード」のサルとディーンも「お前がいないとダメなんだ!」と吠えていました。そうかそうか。ドラマの「SHERLOCK」も…そうかそうか。

自分は中学生の時に、聖闘士星矢のパロディ4コマ本と勘違いして買ったアンソロジーが、もろBL本だったという衝撃的な出会いをして以降、好んでBLを買って読むことはないんですが、あの世界がどうして人気があるのかは、このBL論を読んでようやく理解できた気がします。とてもピュアで繊細なBL。そっと嗜むべし。

異文化を理解して楽しめ!