読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

地図にない町 ディック幻想短編集/フィリップ・K・ディック

読書【小説SF】

f:id:yanhao:20150909101957j:image

ディック初期短編集。初期はアイデア勝負で量産していった短編ですが、どれもピリリと辛さがきいていて面白い。ちょっとブラットベリのブラックさを彷彿とさせる。1950年代の冷戦・核戦争・第3次世界大戦への恐怖が影響されている作品が多く感じられ、特に朝起きたら核大戦まっただ中の未来に家ごとタイムスリップしていた『薄明の朝食』が強烈でした。これが一番ドキドキした。ディックは最後までドキドキ感が続いて強引にでも読ませるところがいいね。

『おもちゃの戦争』はまんまトイ・ストーリーで、『超能力者』はタイム・ループもの、『ありえざる星』は猿の惑星?ひょっとしてこれが元ネタなのかなぁ。

どれも短くてすぐ読めるので、かばんにしのばせて移動中に読んでいました。古書で買った絶版本ですが、面白いのでぜひ復刊してほしいな。