読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

あなたの人生の物語/テッド・チャン

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

 

本屋で購入、積ん読消化。

昔のSFも読みつつ、今時のSFも読むべしとテッド・チャングレッグ・イーガンに期待していますが、この「あなたの人生の物語」はものすごいものを読んだぞという衝撃がありました。8編の短編集この1冊しか出版されていない(他のアンソロジーにも入っているけど)チャンですが、ものすごい重量感。各SF大賞受賞しまくり、でも作家活動は副業!
なにそれ〜〜ΣΣ(゚д゚lll)

どれもとてもよく練られていて読み応えのある短編ばかり。本当に読み終えた後に、ブドウ糖クエン酸が欲しい!と思うほど脳が疲れた。でも心地よい疲れ、数学の問題を解ききった感じ。(そして多分私は半分も理解できていない)

表題にもなっている「あなたの人生の物語」は、言語学者がエイリアンとの対話を試む話。異星人の言語と文字をいかに解釈していくかという(因果からスタートして結果へと帰る因果律的語り)と並行して、最愛の娘の未来を語る(結果からスタートし因果へと帰る目的論的語り)という仕掛けが見事でした。場面も頭に描けるし、フェルマーの原理変分法則もふむふむこう絡んでくるのねとなんとか理解できたのですが、これ映画化されるそうですね。うわーセリフだけで説明できそうにないのに、難しいことに挑戦するなぁ。実際に娘の未来が読めるなんて、悲劇でしかないと思うんだけど。

ハッピーエンド、バッドエンドとオチに意味はあまりなく、構成と過程を楽しむ短編小説なので、何度も読み返したくなりますね。