読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

失踪入門 人生はやりなおせる!/吾妻ひでお

失踪入門 人生はやりなおせる!

図書館で借りる。

失踪日記」の続編である「失踪日記2アル中病棟」の方を読んでみたかったけれど、図書館でみかけたこちらの本を先に借りてみました。失踪日記が各漫画賞を総なめし、話題となって落ち着いた頃に出版された模様。この本だけ図書館にあってもどうするんだ。

失踪(取材旅行)の話よりも、吾妻ひでおに弟子入りした対談者、中塚圭骸の語りの方が多い。中塚圭骸って誰それ?でしたが、精神科医:香山リカの実弟で、統合失調症でテクノおたくで、いろいろと複雑にこじらせすぎなフリー歯科医さん。
この人の個性がすごすぎて、ほとんど彼の独壇場で吾妻氏は相づちを打つのみ。
さらに進行役の徳間編集者が、またおたくネタでバキバキと話の腰を折ってゆくという、かなりカオスな対談集です。

というわけで、途中で中塚氏の不幸語りにものすごく飽きてきて、中だるみが激しい内容でしたが、
編集者と吾妻氏だけでやるSF小ネタと
弟が語る香山リカは「かなり病んでる」人だったのと
最後に高山文子氏が対談に加わり、吾妻氏と高山氏の悟った大人な意見と
吾妻氏の描くかわいいPerfumeを見られたのが良かったところかな。

失踪とまではいかなくても、孤独になって日々生きることに集中する環境というのは、人格をこじらせた方にとっては最適な治療法であるようです。