本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

「世界征服」は可能か?/岡田斗司夫

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書)

 

古書店で購入。積ん読消化。

「世界征服」というと、アレクサンドロス大王チンギス・ハーンを思い浮かべるのですが、オタキング岡田さんらしく悪の秘密結社、ショッカーの方。

いかに「世界征服」が大変な事業かというのを丸一冊で語っています。

前半の特撮、アニメ、漫画の「悪の秘密結社」類の紹介は面白かったです。
特に挿絵のバビル2世の「ヨミ様すごろく」が素晴らしい。
拡大コピーして眺めたい。

後半は、現実的に考えて社会文化論風になり
旧来の世界征服=領土支配から
現代においての世界支配というもの検討していく。
この辺でとっても眠たくなり、毎日寝る前に読んでも
遅々として進まず。ちょっと繰り返しが多かった?(水増し!?)

まるで会社社長の大変さを知ってくれよ!と言っているみたい。
あれ?この前ホリエモンアニメ製作会社立ち上げて、また社長になっていたような…(^_^;)
それでも最終的に、現代の悪とは自由経済と情報化社会の否定とくるところが
逆転の発想で面白かったです。