本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

日の名残り/The Remains of the Day

日の名残り コレクターズ・エディション [DVD]

レンタルDVDを借りました。

町山さんの「トラウマ恋愛映画入門」で紹介されていたので
早速借りて観ました。

イギリス第二次大戦前のダーリントン卿屋敷の
執事とメイド長のプラトニックラブストーリー。

伝統的で変わらない執事という仕事と
めまぐるしく変わって行く世の中とメイド長の人生
その対比がうまく描かれていました。

いつでもタイミングが悪く
お互い意識しあっているのに
ここぞというときに告白する勇気もなく
日の名残り=美しい夕焼けをみて、何もできなかった人生を思いむせび泣く。
ラストの切なさはたまらなくて、怖いです。