読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

永遠の0/百田尚樹

読書【小説】

永遠の0 (講談社文庫)

 

叔母から借りる。

新聞記者の姉とその弟が、太平洋戦争時に零戦パイロットで最後は特攻で亡くなった祖父の生きざまを求めて、生き残った元同僚にインタビューしていく物語。

様々なインタビューにより、日中戦争~太平洋戦争の悲惨な実態が語られる。

読みやすい文章だったが、あまりにも内容がずっしりくるので一日に1章が限界。
毎晩ちょっとずつ読み進めていくことに。
当時の国民、兵士の複雑な心境と悔しさが伝わってきた。

だけど最後のほうだけは、ちょっと展開がドラマチックすぎやしないかなぁ。
突然のラブメロぶりに違和感。

すぐ映画化しそうだなと思ったら、もう年末に公開予定でした。