読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

図書館戦争 革命のつばさ

図書館戦争 革命のつばさ DVD通常版

 

レンタルで借りる。

実写版が見に行けそうにないので、アニメの劇場版を。

原作~コミック版~テレビ版と追いかけて見ているのが
今回は劇場版ということで、スクリーンに栄えるように!を意識しすぎて、ちょっと強引な展開に変更してしまっているのかなと思った。でもちゃんと原作のテーマ性を重視していて良かったです。

エンドロールで大勢の日本人原画マンの名前を見て、気合い入ってるなとびっくり。さすが角川とproduction I.G!お金かけてるね。

絵はよく動くいい映画なのに、私が気に入らないのはデザインだ。
私服のデザインも部屋のデザインもダサすぎる。
給湯室とか、カフェとかありえん!気になって見ていられない。

あの超リアルなひな人形と五月人形のアップのカットも驚いて
特別な意味があるのかと(盗聴器がしかけられているとか)勘ぐったけど、
3月~5月と月日がたったという意味だったのね。いやーそれはないわ。

さすがI.Gで硬派な見せ方やデジタル処理、メカは上手なのに…。

あと、回想シーンで堂上に後光が差す演出(やりすぎだろう)と
ジョン・ウー監督作品ばりにやたら鳩が飛ぶところが笑いのツボでした。