読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

かむろば村へ3/いがらしみきお

読書【漫画】

かむろば村へ 3 (ビッグコミックススペシャル)

ネット中古本で購入

ほのぼの農村マンガ?だった2巻までとうって変わって
村長の過去が明かされるとともに
ヤクザや政治など裏社会とのかかわりが表面化してきた転の第3巻。
やっぱりただの農村マンガでは終わらないんだな。

主人公の高見君が落ち着いてきて、逆に村長が荒れてくる。
30年後には無くなる試算がでている東北の過疎の村をどうするのか。
続きが楽しみ。

3巻での印象に残った言葉は、不治の病に冒され、神様を求めて
かむろば村にやってきた女性に対しての神様(なかぬっさん)の一言
「せっかぐ死ぐどごまで生ぎだっつうのに」
じたばたしないで寿命を受け入れろということ。ずーんときました。