本棚の隣で針仕事

雪国在住。積ん読本と図書館通い、 録画した映画、買いためた布や手芸用品をどうするかの記録。

舟を編む/三浦しをん

舟を編む

図書館でハードカバーを借りる。

予算もなく問題だらけの辞書編集部に迎えられた主人公馬締光也が、
辞書『大渡海』を完成させるまでの話。

辞書「大渡海」をイメージしたデザインの装丁が好き。
本屋さん大賞受賞とか、映画化とか様々な帯がついてるけど、
せっかくの威厳ある雰囲気が台無しでもったいない。

内容も読みやすいけど、もっと真面目でも良かったような気がします。
辞書(言葉)にかける思い入れや意気込みは伝わってきたけど、
こんなに軽くしなくてもと、ちょっと残念。
漫画的なギャグが多くて、脳内でコマ割できます。

それでも、天職に出会えてひたすら仕事を進める登場人物達は
眩しくて羨ましくて、読後感は気持ちよかったです。

香具矢さんの描写は「女高倉健のよう」というクールで無愛想だったのに
映画版では宮崎あおい…。やさしすぎないかな?
もっと江角マキコみたいな凄みがある人をイメージしてたので意外。

時間があれば見に行きたいです。